2011年08月08日

 踊る

しかも!ですよ?奥さんが料理をする方が定番ですが、
最近では旦那さんが料理をするって家庭も少なくありません。

それは旦那の料理好きが原因かもしれませんし、
家事や育児を分担した結果、毎日ではなくても、
旦那も料理をしているって場合もあるでしょう。

でも女性って「美味しいね」と言わない男性を嫌いますが、
逆に旦那が作った料理を褒めることはあるのでしょうか?

きっとここで「私は褒めている」っていう女性は、
たぶん旦那が、スーパーで買ってきた惣菜を、あたかも奥さんが作ったと勘違いし、
それを「美味しい」と言っても、そこまで怒らない人なんだと思います。

しかも中には全く料理をしない女性や、
料理をしても下手くそな女性であるにもかかわらず、
男性の作る料理を褒めない人もいるはずです。

きっと彼女らは一流シェフの作る料理の方が美味しいんだから、
別に特段、褒める必要はないと感じるから、そうしているんでしょう。

これって矛盾していますよね。
男性だって褒めない場合はそうなわけですから。

こうやって考えていくと、何かと女性の方が我がままというか、
自己中心的な考えを根底から持っているように思えます。

やっぱり最も上手くいく結婚生活というのは、
男性は仕事、女性が家事のパターンなのかもしれません。

もしくわお互いに完全に仕事ってパターンでも、
案外うまくいくのかもしれませんね。

下手に褒めて怒られるって危険性も減るわけだし、
お互いに家事という作業を行わなくて済むわけですから。
posted by eae at 13:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。