2011年04月15日

顔文字の魅力

パソコンを使って文章を書くときは、
極力、無駄なことを省きたいので顔文字も使いませんが、
実は案外、私は顔文字だ大好きだったりします。

顔文字というと、やっぱり「2ちゃんねる」って感じもあるのですが、
そんなことをいうと少しオタクぽいかな?

それとも今では2ちゃんねるも、
世間一般に広く使用されている掲示板であるから、
抵抗のある人も少ないものなんでしょうか?

私が初めて2ちゃんねるに出会ったのは、
もう随分と昔の話になるので、当時「2ちゃんねる」といえば、
イコール「オタク」の代名詞だったかのうような記憶もあります。

さて顔文字ですが、やっぱりメールといった、
相手に感情を伝えにくい媒体手段を使う上では非常に助かるというか、
こちらがどういった気分であるかを表現したいのかを上手に表せますよね。

といっても顔文字の使い方を少し間違えれば、
相手がとる私の気持ちも大きく異なってくるでしょうから、
使い方を間違えないように注意したいところです。

そんな今では何十・何百とある顔文字の種類ですが、
私は至ってシンプルというか、昔から存在している、
「(´・ω・`)」が大好きだったりします。

まぁお恥ずかしい話になりますが、
彼女から送られてくるメールに(´・ω・`)があると、
「なんて可愛いやつだ!」と感じたりもするんですよね(笑)

変にハートマークの絵文字を挿入しているよりも、
寂しげな表情の(´・ω・`)に胸躍らされたりします。
posted by eae at 16:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。