2011年03月25日

ゴミ箱選びに苦戦していたら

ゴミ箱を買う機会はそうそうあるものではない。
一人暮らしを始めたり、結婚生活を始めたり、引っ越しをしたりと、
せめてそんな時くらいにしか機会はやってこない。
ゴミ箱だって家の中では毎日使う大切なもので、
ボリュームとしても存在感あるものである。
となれば当然よいデザインを選びたくなるもの。
ところが、自分が気に入るようなゴミ箱に出会えたことのある人は少ないのでは
ないか。
ゴミ箱に不要なデザインはいらないし、奇をてらったフォルムや色だっていらな
い。
家の隅でひっそり静かに佇んでもらいたいものである。
ゴミ箱にもデザインを!そんな意気込みが邪魔になっているゴミ箱が非常に多い
のだ。
そこでひとつおすすめを紹介したい。
削ぎ落とされたキリリとしたフォルムに、生活空間にすんなり馴染む存在感、
そしてシンプルなデザインにも高得点であるのは、
ドイツのHailo(ハイロ社)から出されているダストボックス。
中でもビッグボックスというものがおすすめ。
ステップも何もついていない最もシンプルな長方形のかたちだから、
狭い台所の隅にもきっちり余白なく納めることができる。
ステンレスのゴミ箱も多いがスチールの白塗装の本体が発する存在感は実に控え
め。
蓋はマットブラックだが、よくモノが触れる一部は汚れが拭き取りやすいように
つるりとした仕上げになっている。
ドイツデザインは日本のデザインよりも直線的でストイックなイメージがあるが

存在感を抑えたい家具にはモッテコイなのである。
posted by eae at 16:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。