2011年03月15日

親戚の集まる酒の席

私の家系は理系の人間が多いせいか、
親戚などを見渡しても金に執着のある人間が多くありません。

もちろん人なりに金儲けの話を聞き、
実際に自分で触れた経歴のある人もいるんでしょうが、
親戚が集まって酒を飲む場に参加しても、「金」というフレーズが出てこないんです。

まぁ血のつながりがあったとしても、
人間は金の魔力で血のつながりさえ崩壊させる場合があるので、
そういった理由で、金の話は全くしないのかもしれません。

その点、私は金に執着があり、それを具体化するかのように以前、
証券会社で働いていた事もあります。

そして今でも株式投資であったり、将来的に外国株の取引を行いたいという理由で、
何かと暇な時間があれば為替やら債権の勉強をしています。

まぁ勉強する内容は実際にスグ、取引を行おうとは思っていないので、
基礎的な事が多かったりしますけどね。

でも日本株式に関しては取引を行っていますので、
常日頃から興味の無い会社のものであっても決算短信などを読み漁り、
日々、地道にではありますが知識を増やしています。

さてそういった経歴のある私ですから、
何かと親戚が集まる様な酒の席では「金儲け」とは違う、
「会社の良い悪い」の判断を聞かれることがあります。

簡単に言ってしまえば
「来年、私の孫が○○会社に就職予定だけで、どうなの?」とか。

つまるところ私の触れている情報というのは、
慈善活動で企業決算を読んでいるわけではありませんので、
その全てが上場企業になります。
posted by eae at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。