2011年03月15日

携帯電話の写メール

桜の咲く季節になると、桜で有名な川沿いに人が集まり、
その場の雰囲気からか、普段、写真を撮らない様な人であっても、
パシャリ!と2・3回シャッターを押すことがあるでしょう。

同様に冬場、クリスマスの時期が近づくと、待ってました!と言わんばかりに、
家の周りをクリスマス用イルミネーションで飾りあげ、
家の前を歩く人の反応を楽しんでいる人も多いことでしょう。

そして皆さんも住宅街を歩いている最中に、
プロなんじゃないのか?幾ら金をかけているんだ?という、
凄いレベルでイルミネーション飾りをしている家に遭遇したことありませんか?

そういった家の周りには流石に人が集まり、
場合によってはテレビ局が「イルミネーションの凄い家」として取り上げ、
夕方のニュースで放送する場合もあるかと思います。

だからそういう家の周りには、桜見物と同じように、
イルミネーションを見に来る野次馬さん達が集まる可能性もあったりします。

そして他の人達も一斉にカメラをパシャリ!と撮るから、
雰囲気に合わせて恥ずかしい気持ちを抑えながらシャッターを押す人も珍しくないでしょう。

私の家から自転車で30分ほどの場所にある家では、
毎年クリスマスが近づくと、家の屋根からナイアガラかのような、
そんなイルミネーションを飾る家があります。

そして庭にもサンタクロースやトナカイの電気装飾を飾っていたりするんです。

恥ずかしがり屋な私でも、周りの人に紛れて、
毎年1・2枚ですがシャッターを押している時があったりするんですよね。
posted by eae at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。