2011年01月15日

年齢推測は手の甲が1番

男性は化粧をすることもないため、
見た目から年齢を推測することも難しくないと思います。

ただ中には若くして白髪が生え始めたり、
髪の毛が薄い人も沢山いらっしゃいますので、
そういった場合は年齢を推測しても多少のズレが生じるでしょう。

しかしメイクアップ術が世の女性に広まったこと、
化粧品の質が上がったことにより、女性の年齢をその見た目から推測することは、
現代では非常に難しいことだと言えます。

特に相手が女性の場合であれば、
下手に実年齢よりも上の年齢を相手に伝えてしまうと、
場合によっては口もきいてもらえなくなることもあるでしょう。

「この人は若く見えるから若めの年齢を言っておこう」と思い、
実際に思った年齢より5歳若い年齢を相手に伝えたら、
ぴったり当たっていた!なんてこともあるくらいですからね。

心の奥に閉まった年齢を言っていたら、
嫌われていたな・・・とかね。

でも男性だろうが女性だろうが、
どうしても年齢を隠しきれない部分ってありますよね。

個人的には手の甲だと思っているのですが、どうでしょうか。

男性の場合は血圧の関係からなのか、
30歳ほどを過ぎると手の甲が赤みがかってくるように感じます。

また女性の場合は20歳も中頃を過ぎると、
少しずつ手の甲にシワが出始めますよね。

そのため私は、自分と同じような手の甲の質をしている女性には、
自分の年齢に近いと思いながらも年齢補正をして相手に、
「○○歳ですか?」と言っています。

今までの経験上、手の甲から相手の年齢を見ることは、
結果として遠からず近からずといった具合です。

仕事上、薬品類を扱う仕事に就いていると、
手が荒れ過ぎていて解読不可能というオチもあるんですがね。
posted by eae at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。