2010年06月28日

動かない資産「不動産」

不動産投資を行っていくのであれば、先ず知っておかなければいけないと言っていいのが不動産という資産をしることです。不動産という資産は、どのような資産なのか?良く知っていき不動産投資を行っていくようにしなければいけません。

不動産は動かない資産です。株式投資やFXなどを行っている人の場合には、常に市場のチェックが必要となります。今日の株価はどうだった?今日の為替市場の変動は?など気にするところが沢山あるでしょう。毎日のようにチェックしておかなければ大きな損失を出してしまう可能性があるのです。

その点、不動産は動かない資産です。毎日のように、市場の価格をチェックする必要もありません。ですが、不動産にも問題点はあります。動かないと言うところに問題があるのです。

不動産は動かない資産であり、流動性が悪い資産でもあるのです。不動産を購入する時にも時間がかかりますし、不動産を売却するのにも時間がかかってしまいます。直ぐに現金が必要で、不動産を売却したい!と思っても残念ながら直ぐに売却することは出来ません。

直ぐに売却することが出来るケースもありますが、足元を見られて市場の価格よりも大幅に安い価格で売却することになってしまうのです。動かない資産であることは、メリットでもありデメリットでもあるということでしょう。
posted by eae at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。