2010年05月31日

中古物件の正しい選び方

不動産投資を行っていきますと、最初に考えるのが中古物件の購入になります。中古物件の場合には安いので気軽に始めることが出来るのです。多くの人が中古物件を購入することになると思いますが、中古物件は難しい!ということは頭の中に入れておく必要があるでしょう。

不動産投資のプロであっても、中古物件を選んでいくのは難しい…と言っているくらいです。簡単な事ではない…ということは知っておく必要があるでしょう。だからこそ、正しい中古物件の選び方について見ていきましょう。

完璧に正しいと言うことは出来ませんので、購入する時にはしっかりと専門家と相談する方が良いでしょう。目安として言えるのが、築年数になります。先ずは自分の立場で考えてみると良いです。

自分が賃貸に入居しよう!と考える時には、どのような物件を見るでしょうか?かなり、古い物件などは敬遠してしまう人が多いでしょう。中古物件といっても、古すぎるものに手を出すと失敗してしまう可能性が高いのです。

中古物件を購入していくのであれば、築年数は10年前後を目安と考えて貰うと良いでしょう。そのあたりが最も無難な中古物件の選択肢となると言えます。中古物件は難しくなりますので、簡単に決めずにしっかりと調べていくことが大事です。
posted by eae at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。