2010年05月27日

ドライブするなら男女を混ぜよう!

私が子供の頃には既に聞いたことがあるので、
いつから言われてきたのかは分かりませんが、
「男は地図を読むことが得意」「女は地図を読むことが不得意」
なんて説がありますよね。

逆に男は地図を読むことが得意な半面、
目的地への道順などに関する記憶力が女性と比べて乏しいそうです。

たしかに私がまだ親と一緒に車で旅行などへ行っていたころ、
必ず運転手である父親が地図を読んでいましたからね。

普通は運転手ではない、サポート役である人が地図を読むべきなのに。

つまりココでは母親がサポート役になるんだと思います。

でもそれをしないということは、
過去の経験から運転手である父親が地図を読んだ方が効率的、
ということで運転も地図読みも父親がやっていたんでしょう。

また高速道路上は景色が大して変わらないですが、
高速道路を下りて一般道を走ると、
そこは街によって色々な特徴が出てきます。

例えば高速道路を下りると、
ラーメン屋さんばかりの街であったり、
釣具屋さんばかりの街であったりね。

そういった街の特徴とも言える一般道になると、
母親の記憶力が発揮されていた思い出があります。

例えば過去に1度行ったことのある宿泊先への途中、
地図を読む父親に母親が「ほら!この前入ったラーメン屋だよ!あと30分くらいね」
なんて平気で数年前の記憶を蘇らせてサポートしているんですよね。

もしかしたら私の家だけなのかも?なんて思っていましたが、
前述したとおり、科学的にも解明されている男女の行動のようなので、
長距離などのドライブを楽しもうとしている人は、
異性も交えてドライブをした方が良いのかもしれません。

もう少しすればサマーバケーションが待っているので、
普段は行かない場所へ出かける人も多いでしょう。

男性・女性を上手に使うと、
すんなりと目的に到着できるかも!?
posted by eae at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。