2010年05月13日

健康食品通信販売会社「やずや」の採用試験において問題発生

youtubeも含めインターネットの怖い所というのは、
現実世界で使用する日記帳とは違って、
永遠に記録が消えなくなる可能性があるということです。

例えば普段使っているプライベートのことを満載に記した日記帳を、
遊びに行った出先で紛失してしまったとします。

それを仮に誰かが拾い、更に中身を読んだ場合、
拾った本人は「この人、こんなことしているのか」と思うでしょうが、
そう思うだけで、そこから何かに発展することはありませんよね。

むしろ日記が落ちていて、興味本位で中身を読んだとしても、
最終的には私だったら気持ち悪くてスグに警察へ届けると思います。

でも仮にインターネット上で自分の顔写真を掲載した場合、
それを無断使用し、色々な所でその顔写真を掲載する人が出てくるでしょう。

その場合、きっとインターネット上から、
その人の顔写真は無くなることはないと言えます。

同じようなことで、芸能人やアイドルの過去の写真が、
ネット上に流出しているといったことがありますよね。

しかも今回の「やずや」採用試験用動画の場合、
受験生の氏名・大学名・友人の写真なども内容に含まれていたそうで、
更に投稿から2週間は動画が削除されていなかったそうです。

まぁ一般人の投稿した自己PR動画ですので、
実際に閲覧した方も少ないんでしょうけど、
今後どのようになるかは分かりませんよね。

もしかしたら誰にも気づかれておらず、
何事もなかったかのように終焉するのかもしれませんし、
誰かが画像処理したり動画をダウンロードし、
それを他にアップロードするかもしれません。

本当、ネットって便利な半面、恐ろしいことがありますからね。

特に某巨大掲示板とか。

そもそも何で「やずや」は、
第三者となるyoutubeという媒体を使ったのでしょうか?

youtubeが採用試験で動画を投稿して自己アピールというのであれば、
理解できるのですが、完全に他社の媒体ですからね。

何ともお粗末なニュースでしたが、
世間では動画を利用した採用が始まっているんだなぁと、
少しジェネレーションギャップに陥りました。
posted by eae at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。