2010年04月17日

同じ会社の同僚の年収・・・

気になるといっても、流石に上司や先輩の年収・月収を聞いて、
自分よりも遥かに上だからといって落ち込むことはないでしょう。

また同じ会社の同僚の年収に関しても、
その人が余程のやり手でない限りは、
そこまで大きく給料が違うことも少ないかと思います。

要は学生時代の友達の年収などが気になると思うんですよね。

特に社会人になった今でも、
定期的に学生時代の友達と飲み会を開いている人たちなどは。

では実際に皆さん、どれくらいの年収があるのでしょうか?

参考例として国税庁が発表した、
平成20年民間給与実態統計調査結果を基にしたいと思います。

きっと周りの人間の年収が気になる人は、
大まかに見て20代から40代くらいだと思いますので、
的を絞って見ていきたいと思います。

まず20代前半だと「男性264万円」「女性232万円」、
20代後半は「男性378万円」「女性294万円」。

きっと20代中頃までは、
成功報酬型に向かっている日本の企業報酬制であっても、
あまり年収に開きは出てこないかと思います。

私もこれくらいでしたからね。

しいて言えば、ボーナスの支給額によって、
開きが出てくるかどうかといった感じでしょうか?

次に30代ですが、30代前半だと「男性453万円」「女性301万円」、
30代後半は「男性530万円」「女性290万円」。

まず、「お!?」と思ったのが、
女性の年収が減っているんですよね。

ちなみに女性の平均年収に関しては、
30代前半の数値がピークになっています。

きっとこのあたりから、男性も女性も会社や業種によって、
周りの人と年収も大きくかけ離れていくかと思います。

30代後半であれば、人によっては年収1000万円の場合もあるでしょうからね。
posted by eae at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。