2012年03月26日

ユーモアのある風刺画

国を馬鹿にした風刺画って誰が書いているのか知りませんが、
見ていて非常に面白いんですよね。

有名なものだと、例えば無人島に漂流してしまった時の、
外国人達の行動の違いを現したものとかね。

無人島に男2人、女1人が漂流した設定なのですが、
まず3人がアメリカ人の場合だと、女性が1人の男と結婚し、
その後、子供も生まれるのですが、離婚をするわけです。

そしてもう1人の男性に弁護士をやってもらい、
元夫から慰謝料をふんだくる!っていうストーリーになっている。

イタリア人の場合だと、女性を巡って、男2人が殴り合いを始め、
ブラジル人ならば、まずは置かれた状況を無視し、3人で仲良くサンバを踊る。

最後に私たち日本人の場合は、まずは男2人が女を放ったらかしにし、
東京にある本社へ、女をどのように扱うべきかの確認を携帯から電話をかける・・・。

いかにもマニュアル人間である日本人らしい行動だな〜って、
最初にその風刺画を見た時は感じたんですよね。

またアメリカ=裁判、イタリア=女好き、ブラジル=サンバと、
各国の特徴も大雑把ではありますが、よく捉えられていると思いました。

日本人の男性がこの風刺画を見て、
「私はそんなことしない!」と怒り散らしたところで、
行動パターンがアメリカやイタリアだったりするケースは少ないと思います。

結局は消極的な行動に走ると思うんですよね。
posted by eae at 15:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

霊柩車には誰に乗ってもらいたいですか

仮の話です。霊柩車には誰に乗ってもらいたいですか。自由とは言っても、実際は誰でもいいというわけにはいかないと思います。

ここでは家族以外とします。つまり願望です。変な問答ですがご勘弁くださいね。


霊柩車に乗せられている立場からの視点というわけです。普通なら親友とか生前に特にお世話になった方でしょうね。

また、好きな人もいいでしょう。男性なら綺麗な女性、女性ならイケメンでしょうか。お子さんならヒーローとかヒロインでしょうか。アイドルやタレントを希望する人もいるはずです。

若い方ならAKB48の総選挙で1位か2位になった彼女がいいかもしれません。中には叱られた上司がいいなんて方もおられるかもしれません。まあそれでもいいですよ。相手の意思を聞いていませんけどね。
まあご遺体の自由ですからね(笑)。遺言でそのことを書く人もいるかもしれません。

世の中には死ぬことをハッピーに思う方もおられます。もちろんそう思わない人でも、誰に霊柩車に乗ってもらいたいか、遺言しておいてもいいと思います。みなさんはいかが思いになられますか。
posted by eae at 16:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。