2012年01月27日

子​供の抱く純粋無垢な疑​問-2

地球や宇宙といった神秘的な話になってしまえば、
それがなぜ存在しているのかを答えることは難しいはずです。

言わば「何で人間は存在しているの?」という問いにも似ていますからね。
「存在しているんだから、しょうがない」としか答えようがありません。

では答えられるレベルで聞きますが、
「空は何で青いのでしょうか?」・・・私は知りませんよ(笑)

「空」「青い」というフレーズで思い出しましたが、
芸人の江頭2時50分さんの名言に以下の様な言葉があるそうです。

「生まれたときから目が見えない人に、空の青さを伝えるとき何て言えばいいんだ?こんな簡単なことさえ言葉に出来ない俺は芸人失格だよ」

たしかに私たちは生まれた時から目が見え、
青がどんなものかを自然に学び、世間で言う「青」を見たら、
それを「青」と判断して生活していますよね。

でも「青」というのは色であり、それをとらえるのは、
耳でも舌でもなく「目」になります。

つまり生まれた時から目が見えない人にとっては、
全く触れることのできない存在なんですよね「青」を含めた色って。

ん〜若干主旨からはそれてしまいますが、
目の見えない人に色って伝えられるんでしょうか?

無理なのかな。

しかもそれを機械などを使わず、
言葉として伝えることは殆ど無理なことと言って良いのかもしれません。

あり得ないことを人は理解できない生き物ですからね。

飛行機に乗れば空を飛べますが、
鳥のように羽の生えた人間は存在しないわけで、
鳥がどんな気持ち・気分・方法で空を飛んでいるのかを私たちは理解できない。

話は戻りますが、子供の質問で困るのは、
やっぱり「赤ちゃんはどうやって生まれるの?」でしょうか。
posted by eae at 15:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

北海道ならでは


みなさん、かんかい(寒海)という魚をご存じですか?
北海道では干物がよくスーパーの珍味コーナーに
あるのですが、呼び方はいろいろあるようで氷下魚(こまい)
と呼ばれたり、おおまいと呼ぶこともあるそうです。

タラの仲間で、白身魚なんですけど干物にするとお酒の
つまみにちょうどよく、ひねったり、とんかちで叩いたり
して皮をはぎ、身をむしって食べます。
骨があるので、時々刺さって指から血が出たりもしますね(泣)
でも、それまでしても食べたいくらい美味しいんです。

食べ方はマヨネーズをつけると美味しいのですが、
私は一味とマヨネーズを混ぜて、少し醤油を垂らした
もの付けて食べるのが大好きです!

あ、私お酒は飲まないんですけどね(笑)

この話を、道外の人に話したところ「かんかい?」
という反応が返ってきました。
ずっと北海道に住んでいる私にとっては当たり前の
食べ物だったんですけど、実は北海道以外では
知らない人が多いようです。

北海道物産展で置いてほしいものですねww

北海道限定という食べ物って、時々あるけど
全部美味しいですよねー!
知らない人には是非知ってほしいなっていつも思います♪

だから時々ツイッターでつぶやくんです!
これ、美味しいんだょー!って。

みんな不思議そうにする反応が、実は楽しみに
なってきている私です^^
posted by eae at 10:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

学校で教わることって意味あるの?-3

17条憲法や大宝律令なんて覚えたところで、
将来生活に困ることなんてないんだから意味ないじゃん!ってなると、
この頃の時代であったり、関連の書物に詳しい人間(学者)は誰一人いなくなります。

だからそういったことを学ばせることで、
興味を持たせ、日本の歴史に詳しい人間を生み、
結果、それに関連した職に就かせようってのは分かるんですがね。

でもそれによって生徒に優劣をつけるのってどうなんでしょうか?

良い大学を出て一時的に良い会社に入る。
そして決められたコース化のように議員さんになる。

じゃあ国会議員さんは誰もが人間として優秀なのか?というと、
1人1人確認したわけじゃないですが、違いますよね?

実際は知識だけしかない人間の集団とも言えるので、
為替が円高に振れ過ぎても、相場を実体験として経験した人もいないから、
結局は学んだ本からの知識で為替介入をする。

そりゃ〜馬鹿の1つ覚えですから、為替を安定させようと使ったお金も、
数日もすれば元に戻って意味がなくなる。

あらら?元に戻っちゃった!じゃあもう1度お金を使おう。
あらららら?また元に戻っちゃった!

・・・だって世界経済不安なんだからしょうがないじゃん♪
それなら最初から無駄に数兆円も税金を投入するなよ!って話ですよね(笑)
ただでさえ赤字まみれなんだから。

他にも同様のケースっていっぱいあると思うんですよね。
良い大学は出ているけど人間として使えないっていうのかな?
posted by eae at 10:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

覚えさせていけない?


「競馬ゲームをやっていたら、小さい子が同じゲームをやりに来た」と父が言いました。
「小さい内にこういうゲームを覚えていいのか?」と感じたそうです。

話からはさらに、やっていた子が丁寧な面を持っていたことが分かりました。
「その年齢で丁寧さを知っているなら、大丈夫なんじゃないか?」と私は思いました。

将来その「丁寧さ」がどう変わるかは分からないので、決めつけになってしまうかもしれません。

それでも、それに影響を与えるのは競馬ゲームでなく、周りの環境からかと。
「小さな子どもに○○○を覚えさせない方がいい」はよく言われることですが、間違っている場合もあると感じます。

ある物事に対する偏ったイメージから、こうした方がいいと判断されるからです。

たとえば、競馬ゲームは大人・賭けごとのイメージがつく「競馬」から、
「小さい子どもに覚えさせない方がいい」とされています。

「小さい子が競馬をうまくやれるほど成長していない」のイメージが影響しています。
偏ったイメージによる違いを考えていけば、物事の可能性がより増えていくでしょう。

ただ、実現できている例が求められることも少なくないかと。
この場合「どんどんやろう!」というのは逆に行き過ぎでしょうが、教育を考えるいい機会にはなりそうです。
posted by eae at 09:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。