2010年08月30日

全国自治体調査

全国自治体調査による高齢者不在問題が、
日に日に公になってきていますね。

そのため自治体に対し怠慢だ!
という考えを持ち始めた人も少なくないかと思うのですが、
私も少なからず怠慢気味の結果だなという気持ちにはなりました。

さすがに地域ごとに存在する自治体が、
担当区域内の全ての人間を把握することは難しい事だと思います。

だって自治体が点呼をとったら、
住民が「1・2・3・・・!」というように、
何人いるのか伝えるようなことも当然ないですからね。

そのため自治体の調査部門よりも住民の方が多いことは明白であり、
その結果把握できない人間が存在することもしょうがないと思います。

ただし「怠慢気味」と感じてしまうことには理由があり、
それは「明らかに高齢者すぎる人が存在していた」という事実。

例えば30~60歳と言った働いている人が多い世代であれば、
生存確認も難しいでしょうし、確率として生きていることの方が高いと思います。

でも今回、次々に所在不明として明らかになっている人たちは、
100歳を超えている人たちばかりです。

いくら日本が長寿国だからと言って、
生きていれば100歳を超えるという人が数百人いれば、
その大半は既に亡くなられている可能性の方が高いと言えます。

つまり明らかに自治体としての職務を怠っていたということですよね。

全てを否定できないのは、国民が国勢調査を行っているため、
私たちにも少なからず責任があったということでしょうかね。

そもそも自治体の人達は公務員であり、
国や国民の税金によって給料を貰っているわけですから、
個人的には細かく職務内容などを開示すべきなのにな・・・と思いました。
posted by eae at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

古本もリサイクル!

リサイクルとは再循環と言う意味から、製品化されたものを再資源化したり、新たな製品の原料として再利用する事、再資源化を意味しますが、今では電化製品だとか服、本の中古製品など広い意味で使われています。
またリデュース(減量)、リユース(再利用)と共に3Rとも呼ばれます。最近は4Rや5Rとも。

レンタルなんかも確かに物を減らす意味では有効なのかも。
とは言え、欲しいものは手元に置いておきたいんだ!と思う部分もある訳で、こんな事だから一向に物が減らないと言う。
また再資源化などの場合、その為の労力やエネルギー消費などもあり効率の悪さが問題にもなっています。下手なリサイクルよりも、無駄を省く事が環境の為に大事なのかもしれません。

そう言った意味で、古本はリサイクル出来ますので、エコに配慮してるとも思えます。
とは言え、古本が増える事で…新刊が売れない雑誌が売れない、結果的に出版社や雑誌の採算が取れない…などの弊害も禁じえない訳で。大手古本屋が受け入れられているのも時勢なんだと思いますから、一概に毛嫌いする訳にも行きません。
古本業界や新刊書店、出版社などが上手く連携する事が出来れば、この不景気でももっと需要・供給面で活性化して行けると思います。それもまたリサイクル、再循環と言える様な気がします。
posted by eae at 11:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

アメトーーク

現バラエティ番組の中でアメトーークは上位に位置づけている、
面白番組だと思います。

そんな番組であっても心に残りにくいということは、
他のバラエティ番組に関し、見ている時は面白くても、
将来的には思い返すほどにもならない番組として、
脳は見ていた記憶を消去していくのでしょうね。

同様にドラマも同じではないでしょうか?

最近では有名芸能人を起用しても視聴率が取れない!
と各テレビ局は嘆いている様ですが、これも台本がダメなんだと思います。

テレビ局側は作家を批難することが出来ないからなのか、
視聴者のテレビ離れを原因にしていますが、
はたしてそうなのか?

私の中ではココ数年の間に見たドラマの中で、
他人から「面白いドラマは?」と聞かれた時に、
堂々と教えられる作品は1・2作品くらいしかありません。

また、しりとりをするスピードと同じくらいの速さで、
面白かったかどうかは別としてスグに思い返せるほど、
記憶に残っている作品に関しても10作品ほどしか出ません。

それも最近の番組になればなるほど、
その作品数は減っていくと予想できます。

今でも織田裕二さんが主演を務められていた、
「お金がない! 」というドラマは鮮明に思い返すことが出来ますからね。

そして面白かった。

でも最近のドラマは起用する芸能人に執着するあまり、
内容が薄っぺらいと言いますか何と言うのか。

つまり視聴者は内容を楽しむのではなく、出演している好きな芸能人の動く姿を、
色々な角度から見れれば何でも良い!というような感じになっているんですよね。

だから記憶にも残らないんだと思います。
posted by eae at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

母親に怒られる子供たち

8月に突入して、これぞ夏!という感じの暑さが続いていますが、
皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

サラリーマンの方は仕事が終わり自宅へ帰ると、
夏休み中のワンパク怪獣が家の中で元気いっぱいに活動しているでしょうから、
仕事とは違った疲れが夕食と一緒に待ち受けているのかもしれません。

子供の年齢次第では仕事を早く片付け、
出来るだけ子供と一緒に時間を過ごしたいと思っている人も、
沢山いらっしゃるでしょうね。

さてそんなワンパク怪獣こと子供たちですが、街中を歩いていると、
母親に連れられて何処かへ移動中の場面に遭遇することがあります。

それは自宅へ帰る途中なのかもしれませんし、
プールや買い物へ連れて行っている途中なのかもしれませんが、
どのケースでも母親が怒っている場合が頻繁にあります。

例えば子供の小さい時に利用している母親の自転車と言うのは、
俗に言うママチャリという部類の自転車ですよね。

そんなママチャリですが、マウンテンバイクなどと比べると、
自転車の前後に捕まる部分が多々あります。

食料品を入れるための前カゴであったり、
子供を乗せるための後ろの座席だったり。

先日も母親が自転車を押しながら歩き、
子供2人が歩いている場面に遭遇したのですが、
1人が自転車の後部座席の部分に手を乗せて自転車の操縦をしようとしたため、
母親が怒鳴っていました。

熱い炎天下での出来事だったこともあり、
母親の怒りも激しく、そのどなり声は無関係な私でも少し怖かった。

まぁ私も同じような経験をした過去があるので、
勝手に体が反応してしまうんでしょうね。
posted by eae at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

熱中症には気を付けましょう!

私は室内のクーラーが効いている場所で仕事をする事が多く、
今も午後にならないと外出はしないため、
1日で最も暑い時間帯は全く経験していないと言えます。

だけど午後3時過ぎに外出をしても、
十分に熱いですね。

連日35度前後を東京では保っている感じですが、
さすがに熱過ぎるということで熱中症に関するニュースも多いですね。

どれも残念な話ばかりになるわけですが、
やれ今日は●●県で○人の方が熱中症で亡くなっただの、
○○県では38度を記録したため熱中症で病院に運ばれた方が○○人いただの。

幸いにも私は過去1度も熱中症になったことはなく、
親類・友人にも熱中症を経験した人がいないため、
悲しい経験をしたこともありませんが、癌などの病気とは違い、
外に出ることがあれば大半の人に危険性が伴うわけですから、
ふらっと軽い気持ちで真昼間から外出もできませんよね。

それに加えて夏ならではの、水場での事故も増えているみたいですし、

たぶん夏場の事故って、
どれも好奇心旺盛な子供に最も危険が及ぶと思うんですよね。

楽しくて遊び過ぎていたら、
水分補給を忘れて炎天下の中で太陽の光を受け過ぎ、
熱中症になってしまったとか。

セミや川辺の生き物を熱心に捕まえていたら、
足を踏み外して川や海に転落してしまったとか。

やっぱり暑くて面倒くさいと思っても、
親御さんはキッチリ子供の面倒は見ておくべきなんでしょう。

まぁ子供の体力に合わせていたら、
お父さんお母さんが先にダウンしてしまいそうですが。
posted by eae at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

筋肉がつかず、脂肪が落ちない

「思うように筋肉がつかず、脂肪が落ちない」。

そりゃそうです。

彼はスポーツジムに通い始めてから、
実質まだ1ヶ月ちょっとしか経過していないわけですし、
本来の目的は筋力アップではなく、
腹周りの脂肪を落とすために通い始めたんですからね。

そのためジムでのトレーニング方法も、
脂肪を落とす内容になっているのでしょうが、
お金を払うと人間欲が出てくるのか、
そんな愚痴を最近ではこぼすようになってきました。

まぁ分からなくもないのですが、
彼の場合、今まで筋肉をつけるような経験をしたことがないため、
20代後半からでは地道にトレーニングする以外道は無いでしょう。

それに加えて、最近のスポーツジムでは筋力アップよりも、
脂肪を落とすことに焦点を当てているため、
知識のあるトレーナーも少ないと思います。

例えば街中でジムのビラ配りなどをしているスタッフの方に、
男でも惚れてしまうような肉体の方はいらっしゃいませんからね。

どちらかといえばジョギングやテニスなどを長年経験してきた、
スマートな細マッチョの方ばかりといった感じですね。

一応私も中学高校と、ジムのトレーナーになりたいと思い、
筋肉やトレーニング方法などの勉強は人一倍学んだので、
筋肉の付け方には詳しい方なのですが、やっぱり筋肉をつけるためには、
地道に1年は時間をかけないと人に自慢する筋肉は出来あがりません。

筋肉なんて簡単に言ってしまえば、
今ある肉体の細胞を壊すことで固くして作るわけですからね。

つまりバーベル運動などで「細胞を壊す⇒細胞の再生⇒細胞を壊す・・・」
が筋トレですので、自ずと多くの時間が必要になるわけです。

まぁ今年はポッコリとした腹を海水浴場で披露するとして、
来年の夏には自慢できる筋肉の持ち主になってもらいたいです。
posted by eae at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。